著作権マニア

音楽著作権って難しい?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
私的録音補償金制度問題全体の考察
昨日から、今回の私的録音補償金制度改正について情報を集めると共に、自分なりに法律論&実際論あわせて考察しました。
正式な議事録が出るまで待てないので、以下に述べます。
(この考察に当たり、zfylさんの貴重な議事速報を参考にさせて頂きました)
  →誠に有難うございます
まず、前提として私的録音補償金制度の趣旨を書いておきます。

著作権者には複製権が認められている(法21条)
   ↓
個人的に使用することを目的とした複製は制限される(法30条)
 ∵規模が小さく権利者の利益を不当に害するとはいえず、
  また発見が現実的に不可能
   ↓
しかし、デジタルコピー隆盛がオリジナルの売上を妨げている
   ↓
そこで、国際的に認められつつあった補償金制度を日本に導入した。
   根拠:ベルヌ条約9条(2)第2文



つまりこの制度は、法規定の「例外の中の例外」であるので、後半に出てくる"二重取り"の問題を支分権で論議するのは間違っています。
あくまでも、"複製権の制限"の中での法律論議をしなくてならないと思います。

あと、この制度自体に対する私の見解は以下の通りです。
「制度自体は国際的に認められたものであるし、これ自体を廃止すると本当に条約違反になってしまうので、問題は内包しているが制度は継続。
 内包した問題の解決は別段に譲るとして、早急にDigitalAudioPlayer(以下DAP)の法令による課金対象について論議すべき」


そこで、今回のDAPに対する課金についてですが、この問題の所在は多くの委員が認めているように"二重取り"にあります。
しかし、この「二重取り」という言葉も、委員によって様々に解釈されています。
で、私的には、以下の通りであると考えます。



消費者or反対論者はこう言うでしょう。
「今までは、CDを購入すると、補償金を払わなくてもCDプレーヤーで聴けたのに、データで購入すると、補償金を払わなくちゃDAPで聴けないの?」
つまり、データで買った場合の再生保証がないということです。
  (CDを買えば、少なくとも自由にCDプレーヤーでは聴けるでしょ。)
その後、MDやDATやCD-Rにコピーする時には、補償金を払うことは問題ないわけです。

要するに、問題の所在はDAPが既存の「機器」「媒体」概念を融合したシロモノゆえ、「CDプレーヤー」なのか「MDやDAT」なのかってことが問題なわけです。
前者であれば補償金は二重取りになるし、後者であれば補償金は二重取りにならない。
でも、再生保証のないものは、市場では受け入れられない(SONYのbetaやCCCDを見れば明らか)ので、現実問題として、DAPは「再生機器」何じゃないかなと。。
じゃあ、DAPに対する補償金の課金は妥当でないかというと、そうでもない。だって、MDの代わりなんだもん。。。。。(購入したCDをDAPにコピーするでしょ?)



この辺の問題って、突き詰めてみれば結局、一番始めに払った対価が、どこまでの範囲かってことが基準になると思います。
ってことは、配信音源提供側が料金体系や許諾範囲なども自由にコントロールできるわけです。
これは経済性の面から見れば、非常に有意義だと思います。
そのコントロールを実行するためのテクニックが必要になり、それはとにもかくにもDRMなわけです。
となると、法律が首をつっこむところではなくて、市場経済に任せればよいこととなってしまう。
音楽消費のカタチが「CD」から「データ」に変化していく過渡期である今は、そっとしておくのが無難で、完全に「データ」メインになったら、制度自体を廃止してDRMに一任(つまりは規制緩和)していくのが、一番の方策な気がします。
そうなると、委員会の結論も改めて妥当なものだったと思う次第です。


以上が私の考察になります。

余談ですが、
iPodはほとんどiTMSからしか音楽配信データを買えない(圧縮規格の相違)ので、他のDAPより「再生機器」に近いこととなります。
appleは、規格戦争場面においてその排他市場性が非難されてるのに、この場面ではとっても優秀と褒められるなんて皮肉ですね。
ましてや、この問題でiPodが一番の目の敵にされるのは、お門違いってことです。
委員会で、某団体理事が「iTuneは共有機能があるから…」って発言してたけど、それは違法性なんかの問題で、関係ないでしょ!!。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。