著作権マニア

音楽著作権って難しい?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
メジャーとインディーの垣根
 日本のインディーとメジャーの垣根って結構高いんです。
 ラジオ局や雑誌なんかもそうですけど、名もないIndieArtistはほとんど聴いてもらえず、世の中になかなか出て行けない仕組みになってます。唯一、CDshop(特にT)だけは、実際に聴いて判断してrecommendしてくれますが、音楽不況のあおりを一番くらってるトコだから今後も大変だよなぁ。
 で、iTMS-Jですが、名もなきIndieArtistの光明が見られるかと思いきや、実はそうでもないんです。
 ken-goさんのエントリーでも言及されてますが、IndieArtistのiTMS-Jへの窓口(いわゆる原盤供給窓口代理店)は数えるぐらいしかないんです。
 理由を一言で言えば、「割の合わない仕事」だからです。
 支払、分配、権利処理などの事務作業から、音源収集や目利きなどの音楽的実務までの業務があるのに、その収益は単価150円の数%ですから。
 そりゃショバ代でも取りたくなるんでしょう、きっと。で、結局それが足かせとなってIndieArtistが二の足を踏んでしまうという、悪循環。

 まあ、MacとiPodが売れればいいでしょうから、期待しても無駄かもしれませんが、appleには既存の日本の音楽文化と音楽ビジネスをぶっ壊してもらいたいと思ってます。面倒くさい仕事を代理店に振るのはやめて、自ら率先して音源収集と目利きを行ってもらいたいです。
 そのための別法人じゃないの?「アイチューンズ株式会社」さんは。
 まあ、本国でもiTMSのスタート後の落ち着いた段階で、IndieArtistを募集してたから、日本もこれをまねてくれることを期待してます。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。