著作権マニア

音楽著作権って難しい?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
著作権講義での業界への提言??
去年から某大学で一般人も受講できる著作権講座を受けているんですけど、前回の講師が興味深いことをおっしゃっていたので、忘備録も兼ねて、記しておきます。

その講師は、経産省のお役人さんだったのですが、内容を端折って書くと、
「官僚もコンテンツ重視の政策を進めていますよ。政治家さんも文化を重要産業のひとつとして認識してください。国民の皆さんもおカタイ役人が日本文化のことを考えていることを認識してください。」
という、上へ下への啓蒙的なものだったわけですが、内容はさておき、講師の台詞にこんなのがありました。

「流通屋が権利を持つとロクなことがない」

前後関係を説明すると、

現状の放送コンテンツの権利は、出資者であるテレビ局が保有していることが多い。
(代理店とか広告主とかが絡んでホントはもっと複雑なんですけど)
しかし、民放の収益はあくまで広告収入によるものであり、
局が映像コンテンツ自体の価値の最大化を図る主体には成り得なく、
そんな「流通屋」に映像の権利を持たしても、全く意味がない。


というものでした。

局が権利を持ちたがるのにはそれなりの理由(放送内での再利用の容易化等)があったり、逆に権利が分散すればする程、再利用が面倒くさくなったり、と他の問題は山積みな訳ですが、おおざっぱな意見として、非常に有用性のある意見だなと思うわけです。

ことに、音楽業界においても同じような問題が顕著で、例えば「着うた」。
(日本の音楽配信ビジネスを進歩させているのか後退させているのか、いまいち把握しづらいビジネスですが、それはまた後に)
本来であれば、コンテンツ制作者の一番の希望はコンテンツ利益最大化であり、そこに鑑みれば、より多くの配信企業に使用許諾をしたほうが利用料が増大し、コンテンツ制作者にとって喜ばしいことであるはずです。
しかし、コンテンツ制作者の権利を吸い上げたレコード会社さんは、自前の音楽配信用の合弁会社の市場確保のために独占でしか許諾せず、結果的に、コンテンツ制作者の利益に反する行為を行っているわけです。
(公取委から排除勧告受けたアレです)

それって、「流通屋=権利者」の弊害として、とてもわかりやすい例なんだなと。。
もともとレコード会社さんの存在意義には疑問があったわけですが、制作部門をアウトソーシングした時点で、ただの流通屋のはずなのに、制作に付随していたはずの権利は今までと同じように吸い上げます、というのはどうかしてるわけで。。。

この講師の方が業界への提言として、言ってくれるのは非常に意味のあることだと思うし、こういう意見を現場の皆さんにも聞いてもらいたいなぁと思う次第です。
そんな意味も込めて、ココに書いているわけなんですが、、、。
まあ、誰も聞いてない or 自分のことだと認識できない、だろうなぁ。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。