著作権マニア

音楽著作権って難しい?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
メディア系出版者の問題
 前々回のエントリーで、メディア系音楽出版者のことにちょっと触れたので、今日はそのことについて。
 多くのメディア系出版者は、自分のところでの放送を保証することやタイアップを約束に"出版者取り分"を要求することは良くあることです。ましてや、その枠を持つ代理店まで顔を出してくることもあります。でも、それは出版者取り分を数社で分け合うだけなので、著作者取り分を直接圧迫することはありません。(手数料や管理料と称して間接的に圧力がかかることはあるかもしれませんが。。)
 さらに最近の出版者の多くは、アーティスト育成や原盤制作までしている場合があります。そうなると、すべての楽曲の代表出版を持つということは往々にしてあります。これは必ずしもメディアの圧力だけでは語れないことだと思います。たとえ、ミュージックステーションに出演しているアーティストの出版がすべてテレ朝ミュージックだとしても。。。

 それよりも問題なのは、その音楽の利用についての決定権が著作権譲渡契約によってすべて代表出版者に移転してしまうことだと思います。
 例えばCMのタイアップの場合、そのCMでの音楽使用にかかる対価を放棄することを約束する場合があります。出稿が多ければ多いほど、その曲の露出は多くなりますが、その分著作権使用料は高くなります。ところがその高くなった使用料を放棄しないとタイアップを組んでもらえないんです。それってヤクザだなぁと。で、それを代表出版者のみで決定することが出来る。出版者取り分が減るのは自業自得だからいいんですが、作詞者作曲者もそれを被るわけです。まあ、確かにその分売上は上がると思いますが。。。(一言くらい連絡くれよなぁと思います)しかも、JASRACはそれを容認しているんですね。作品届にわざわざ著作権留保の記入欄まであるんです。
 タイアップに喜んだ作曲者の銀行口座にそのタイアップ分の使用料が入らない理由すら本人は知らない、なんてことはざらです。

 つまり、「メディア系」の出版者の問題は、他の「事務所系」や「レコード会社系」と違って、作詞作曲者の利害と「メディア系」出版者の利害が少しずれているのに、著作権を譲渡しなくてはならない場合がある、ということです。
 事務所の利益拡大はとにもかくにも著作者の利益拡大ですし、レコード会社の利益拡大はCD売り上げ増であり、それは著作者の利益拡大です。(CD制作時に著作権使用料はしっかり払われています)しかし、メディアの利益拡大は広告料の増加であり、それは著作者の利益拡大とはリンクしないんです。むしろ妨げになっている場合があります。メディアは最大の著作物利用者です。それが権利を持つということは、利用と保護のバランスを崩すことになり、著作物の利益最大化を図ることはありません。そんな出版者に著作権を譲渡してしまったら、著作者の利益保護にはならない。上記CMの例が顕著だと思います。だからこそ、米国のように規制すべきだと思うわけです。

 現在の音楽出版者業界のシェアは、メディア系がほとんどを占めています。よっていまさらの規制は間違いなく不可能です。何かいい方法はありませんかね?
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。