著作権マニア

音楽著作権って難しい?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
週間ダイヤモンドの記事について
 週間ダイヤモンド掲載「JASRAC利権に関するリポート」をやっと読みました。
 内容については多くの方が言及されているので、ここでは触れませんが、どこの業界でも人間の本質は変わらないってことじゃないでしょうか。
 でも、この時期にこのような内容の記事が出るのは、良かったことなのか悪かったことなのか?正直恐ろしい気がします。
 無論JASRACに対する風当たりは強くはなると思いますが、その他の問題が霞んじゃう気がします。間違っても、私的録音録画補償金制度の問題と同義では捉えないでくださいね、権利者団体はJASRACのみではありませんから。
 もしかして、JASRACだけを悪者にしたいどこかの団体のリークだったりして。。(いやぁ~コワいコワい)
 。。。ふざけすぎました。不適切な発言でした。スイマセン。

 とにかく、この記事で私が言えることは、使用料分配が演歌系に偏っているという噂は業界に確かにある、ということだけです。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
JASRACの記事
個人的には気になるところも多かったです。

天下りを批判しているようですが、ではその天下りがどんな悪影響を及ぼしているのかとか。理事に「改革派」が一人もいないという事を批判していましたが、民主主義なんですから仕方ないのではないかなと。

JASRACを叩く事が目的であって、批判までは至ってないとは思いました。ただ、問題点を多くの人の目に触れさせた点は評価致しますが。
2005/09/17(土) 10:08:46 | URL | しま #Oa2f/7z.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。