著作権マニア

音楽著作権って難しい?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
JASRACの功績
 Pe'zの大地讃頌事件(いまさら。。)について調べているときに感じたのですが、JASRACが作り上げた著作物利用強制許諾システムは実はとっても素晴らしいものなんじゃないかと思ってます。(ちなみに、この事件の概要や法的文化的考察はコチラをご覧ください)
 本来、JASRACに管理委託された楽曲を利用する際、JASRACと著作権者にお伺いを立てなくてはいけません。なぜなら、JASRACは支分権のごく一部を管理しているにすぎなくて、その他多くの支分権は著作権者や著作者本人に帰属しているからです。しかし、現状、利用者のほとんどは、JASRACにのみ断りを入れて、著作権使用料を支払えば、胸を張って利用できると思ってるし(もちろんそれだけでOKな利用態様もあります)、著作者の多くも、JASRACが使用料も徴収してくれるし、まあいいか、と思ってる。
 これは、法文上認められている許諾権を、事実上単なる報酬請求権にしちゃってるわけで、著作権者は異論を挟んでも良いはずです。(だからPe'zの大地讃頌事件やU2の着メロ禁止事件とかが起こるんですが。。)まあ、著作物の公正な利用という観点から見れば、認められ得る行為なのかもしれませんが。
 つまり、JASRACは、その長い歴史の中で、法文上の根拠はないものの、法目的にも文化的にも経済的にも理にかなった強制許諾システムを、利用者・著作者の異論なく作り上げたんですね。
 それって、無茶苦茶すごいことで、音楽以外の著作権関係業界が、デジタル時代を迎えるにあたって著作権問題に四苦八苦しているのをみると、音楽業界はJASRACのおかげでまだ幸せなほうなんだなと、思っちゃったりもするわけです。
 あちこちで著作権団体の悪の権化みたいな言い方をされているけど、これからも頑張って欲しいと思う次第です。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。