著作権マニア

音楽著作権って難しい?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
著作権行使は悪なのか?
 著名なアーティスト村上隆氏とナルミヤの著作権侵害訴訟の和解が話題になってます。それについての私見を。。
 著作権侵害訴訟において、その対象が著作物であるかどうか、その創作に依拠があったかどうかというのは、非常に重要であります。しかし、それは裁判所が判断することであり、例えマウスくんがDOB君の模倣であろうが、DOB君がミッキーマウスに似ていようが、外野が著作権を行使しようとするアーティストを否定する理由にはならないと思うのです。例えば、商標権を盾にして模倣品を訴えようとするルイヴィトンに誰も文句は言わないわけでしょ。しかし、そこに「著作権」というものを主張すると、巷は「守銭奴!」とか「抵抗勢力!」とまるで悪者扱い、また和解したら和解したで、その金額を取り上げ「金で解決した!」と。。(財産権なんだから当たり前だろ思うのですが。。)

 村上隆氏の芸術性や創作スタンスなどに関しては、門外漢なので全く言及するつもりはありませんが、著作権者が著作権を行使すること自体に嫌悪感を示す最近の風潮はいかがなものかと思います(確かに、事例によってはその行使の方法に首をかしげざるを得ないことも多々ありますが。。)。
 「著作権行使者=悪、著作物の恩恵を受けるもの=善」という分かりやすい二元論で物事を解決しようとするのは、小泉自民党にも代表されるように、日本人のメンタリティーを示すものなのでしょうか?

 完全なオリジナルが生み出されないほど多様化した時代に、過去の遺産を引き継いでいるものが保護されないのであるならば、現在の著作権が保護するものは一体何なのか、ということを考える契機になったと思います。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
僕は、著作権侵害というキーワードにはそれこそ門外漢なので言及しませんが、村上氏の double standard っぷりに激しく違和感をおぼえます。読んだかもしれないけど、ここの意見に僕は賛同します。
http://www.hirokiazuma.com/archives/000214.html

昨今『著作権』というキーワードで {財務 | 政治} 的力が大きく動くようになっているのは事実で、そこで(その“外野”に対して)納得のいく説明ができていないのは関係勢力の落ち度ではないでしょうかね。

あとあまり関係ないかもしれないけれど、以下のページがふと頭に浮かびました。
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/10/post_94e4.html

まとまってなくてすいません。。
2006/04/28(金) 14:10:22 | URL | tksh #-[ 編集]
初めまして。
初めまして、しぇりーと申します。
私は洋楽の歌詞を表示し、日本語の訳も一緒に記載するというHPを創ろうと思っているのですが、日本に著作権協会があるのと同様に海外にもそういった団体はあるのでしょうか・・・?
承諾を得るのが難しいようでしたら、あきらめます・・・・
それでは、失礼します。
2006/04/28(金) 20:09:51 | URL | しぇりー #LIoBLL/6[ 編集]
初めまして。
初めまして。Justinと申します。

『完全なオリジナルが生み出されないほど多様化した時代に、過去の遺産を引き継いでいるものが保護されないのであるならば、現在の著作権が保護するものは一体何なのか、ということを考える契機になったと思います。』
今回の事件で、この点は十分認識され、議論されるべきだと私も思いました。
2006/04/29(土) 13:01:54 | URL | Justin #2UPbaIhc[ 編集]
まあちょっと私見を(あんまり書く気が無い)部分ではありますがw

>外野が著作権を行使しようとするアーティストを否定する理由にはならないと思うのです。

確かにその通りです。侵害行為そのものがあったか?は裁判所決める事ですので
あれこれいうのはおかと違いな側面あります

が、なんですがここからがなんですよ問題点

ポップ・アート、コンセプチュアル・アート
を立ち位置に活動している氏だからこそ
ここまで外野がうるさいというのがあるかと
思います。

氏の活動フィールド見るとオタクカルチャー+ポップアートが出自なもんで
オタク系の人が怒るのも当然かな?と・・。

また村上氏のコメントで

現代アートの世界はオリジナルであることが絶対的な生命線です。

という下りがあります。じゃ現代のポップアートの代表格のウォーホールがオリジナルが生命線かと?という疑問が多々あるんでしょう・・・。東氏もその辺りの違和感でしょうね。

著作権的に

類似性が認められる三つと、類似性が認められなかった一つ」の違いは何なのか、

参考URL 
http://z.la/uynga

という問いが重要かと・・・。

余談ですが、私的に私の回りで村上氏と仕事一緒にした方いますが、いいこと言ってませんでした、その方はゲームのPOP作りやっている一線のクリエーターですが、ここまで
村上氏否定的な見解が多いのは一緒に仕事したことある人間が人間性自体否定している
方の文章がネットにでも紛れ込んでいるかな~?なんて思っていますw

まあ、今回の件で氏に関して見方が変わった方が多いと思います。まあその内の一人が私でもありますが・・・。
2006/04/30(日) 07:18:13 | URL | hideaki #-[ 編集]
しぇりー様へ
 大雑把に言って、歌詞を表示するwebを作るのは、現状ではきびしいと思います。
 以前のコメントにも書きましたが、プロフィール欄にアドレスを載っけてますので、現実的な相談についてはコチラにいただけるとお答えできると思います。最後に、私は法律相談を受けられる立場にはありませんので、そこだけはご了承ください。
2006/05/01(月) 09:50:54 | URL | oh_ben_toh #pQpZY72.[ 編集]
ありがとうございまいした。
返答ありがとうございました。

そうですね。難しそうです。

お世話になりました。
2006/05/01(月) 23:47:21 | URL | しぇりー #LIoBLL/6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。