著作権マニア

音楽著作権って難しい?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
iTunesMusicStoreとその周辺
アイチューンズ株式会社設立に、アップル日本法人広報も、よく知らないといっているらしい。。。
本国アップルが直接日本に音楽配信用の会社を立ち上げたところからも、日本でのビジネスに対する本気度が伺えるわけですが、原盤保有各社は反応鈍しというところでしょうか。
SONYは"WALKMAN"ブランドのデジタルオーディオデバイスが売り上げ好調のようで、きっと日本版iTune Music Store(以下iTMS)への音源ライセンスを意図的に遅らせているであろうことは明白です。(こんなの今に始まったことじゃないですが)
また、avexが先んじてプレス発表したのは、家電メーカー子会社のレコード会社に対する牽制と自社イメージアップを狙ったものでしょう。もしかしたらappleからの依頼もあったかもしれない。。

とにかく、世界2位の音楽市場である日本でのiTMSのスタートが遅れた原因は、間違いなく単価の問題でしょう。
レコード会社は自前の配信サイトで一曲\250~\300くらいで売っていたし、携帯専用音源の「着うたフル」もそれと同等な値段であるわけで、iTMSが希望したであろう\100は、是が非でも拒否しなくてはならなかったんだろうなと思います。
さらに追い打ちをかけたのは、「着うたフル」の評判が良かったことでした。
このせいでレコード会社は「そんなにiTMSに安売りしなくてもいいんじゃない?」なんて思ったはずです。
やはり予測通り「着うたフル」は音楽配信のきっかけとなるはずが、足を引っ張る形となってしまったわけです。

まあ、iTMSが今後、どれだけ楽曲数を集められて、どれだけ単価を抑えられるかが、これからの勢力争いを決定づけるファクターになるでしょう。
正直、appleは見切り発車でもいいからiTMSをオープンさせて、ハードでのシェアを拡大させた後に、家電メーカー子会社の音源をライセンスさせていくのが、良いシナリオ何じゃないかと思うんだけどなぁ。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。